宝のもちぐされ</div>
  </a>
 </div> 
<div id=
出不精のくせにデジカメ買ったって!? そりゃどう考えても…
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 04月 21日 (土) 23:50 | 編集
IMG_5950_20120421234731.jpg
EOS 60D

「ねむいねー」

「ねー」


IMG_5952_20120421234730.jpg


IMG_5960.jpg


IMG_5977.jpg


IMG_5986.jpg


IMG_5996_20120421234727.jpg

奈良の名物にある柿の葉寿司。葉っぱに包まれたしめ鯖や鮭の押し寿司だ。
いままで食べた事はあっても、特別美味しいとは思ってなかった。
しめ鯖もどっちかというと苦手だった。
しかし、この日ひさしぶりに食べたことで柿の葉寿司のすばらしさに気づく事が出来た。

まず全体が葉っぱで覆われている為手を汚しにくくとても持ちやすい。
柿の葉の爽やかな香りを楽しみつつ、ゆっくりと葉っぱをめくる。
葉っぱをめくるとそこには、白銀に輝く酢飯、そしておいしそうなネタがあらわになる。
オレンジ色した鮭はとても鮮やかで、緑の葉っぱとの対比も美しい。
これは女性の服を…(省略)…である。

口に入れると広がる酢飯の爽やかさ、脂ののったしめ鯖や鮭の甘さ、
柿の葉で包んでいたことで香り、味がとても凝縮されている。
食べ終わるのが惜しい。いや食べ終わりたくない!ずっと味わっていたい!
歯に詰まったカスさえ美味い!まさに絶品!
また桜を眺めながら屋外で食べるのが最高。日本人に生まれた事に感謝したくなる。
道行く外国人の方にぜひ知ってほしい、食べてもらいたくアピールしながら食べたりしてみた。

これから好物を聞かれたら、豚汁の次に柿の葉寿司と答えるだろう。

ゐざさ寿司 中谷本舗
copyright (C) 宝のもちぐされ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。