宝のもちぐされ</div>
  </a>
 </div> 
<div id=
出不精のくせにデジカメ買ったって!? そりゃどう考えても…
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年 11月 12日 (土) 02:55 | 編集
IMG_3901.jpg

弟子屈にある広大なひまわり畑を発見。北海道はやっぱりすごい!
こんなにたくさんのひまわり初めて見た!


IMG_3900.jpg

美幌に抜け、39号線をひたすら西に走り三国峠を目指す。
…面白みのない道が延々と続く。長い…どこまで続くんだ…てか

フェリーの時間間に合うの?

フェリーの出航時間は23時半。車やバイクは90分前の22時には到着してなくちゃいけない。
帰りのチケットを再発行する時間も必要だ。
この時点で北海道の景色を楽しむ余裕は完全になくなった。ミッションの始まりだ。

「22時までに小樽港に到着せよ!」

長い市街地を抜けると、次第に自然いっぱいの美しい道が現れる。
けどそんなの関係ねぇ!
本当に景色を楽しむ余裕がなくなってしまった。
この道であってるかどうかも不安な状態だった。


IMG_3908.jpg

三国峠の前にこんな峠があるなんて知らなかった。こんなに時間がかかるとも思ってなかった。
もっと地図を見て距離や時間を考慮して綿密に計画を立てるべきだった。完全にミスだ。


IMG_3909.jpg

時間はないけどこんな愉快なオブジェを見て写真を撮らないわけにはいかないでしょう!


IMG_3910.jpg

273号線をひたすら南下。
これまた最高の道だったんだけど、楽しむ余裕なんてもちろんない。
「STよ!もっと、もっといそいでくれぇぇー!!!」
気分は、ナッパとの死闘を繰り広げる悟飯やクリリン達のもとへと筋斗雲で急ぐ悟空のよう。


IMG_3913.jpg

ついに三国峠に到着。この時すでに17時半。日も暮れかかって来た。
当初の予定では昼ちょい過ぎには着いてるはずだったのに。
この写真が北海道のスポットの最後の写真である。あとはただひたすら走るだけ!

帯広に到着しガソリンスタンドで給油中、タンクからガソリンが吹きこぼれてしまったのを
近くにいたライダーさんが見て、あわてて従業員にウェスをもらって来てくれた。
テンパってて笑顔でお礼が言えなかったのが心残りだ。

ここからは高速道路を利用する。
しかし、この高速道路で知床峠の再来!霧に包まれて視界がめちゃくちゃ悪い…
シールドをあげようにもバンバン蛾が激突してくるこの状態では無理だ。
時速80km以上の早さで蛾が目に激突でもしたら、それこそ大事故に繋がりかねない。
あたりはすっかり真っ暗になり、雨も少し降り出した。

思えばこのツーリングはいろんなトラブルがあった。
家を出発してしばらくしてからグローブをはめようとしたら、両方右手
→出費は痛いけど家に取りに帰るのではなく、途中の2りんかんで買う事に(3980円)
→店の駐輪場でヘルメットを落とし、シールドに傷がつく
→パーツも外れてしまって店の人にお願いしてはめてもらう
→三日目の宿でその買ったばかりのグローブを紛失
→代用品として軍手を買うがダサイので素手で運転
→手の甲だけ日焼けして変な状態に…

他にも、雨で帰りのフェリーのチケットがずたぼろ。財布やお札もビショビショ。
携帯のカメラ機能も一時使用不可になった。
宗谷岬にある最北端の公衆トイレで、ホモが隣で覗き込みがらシコシコされたりもした。

そして二つの試練。
タイムリミットは9時半、途中滑って転倒しながらも雨の降る暗い夜道を一人
ガス欠の不安と大量の蛾の特攻と闘いながら駆け抜けた稚内YHへの道。
視界がほとんどない道を、シールドをあげ顔面びしょぬれになりながらひたすら登った知床峠。
時間・夜・蛾・雨・霧、そう最後の試練は、この二つの試練を兼ね揃えた恐ろしい試練なのだ。

しかし、前の試練とは違う事がある…
前にも後ろにも車が大勢いる(てか渋滞してる…)!暗い夜道を一人で走ったあの時とは違う!
一人じゃないんだっ!さあ!みんなで帰ろうよ!僕たちの故郷へーーーー!


IMG_3914.jpg

そして、ほぼノンストップで走り続けててついに小樽港へ到着!
到着時刻はなんと22時ぴったり!フェリーのチケットの再発行もすんなり終わって本当に一安心。
グーグルマップで三国峠から小樽港までの距離を調べると330km、5時間47分とでた。
その結果どうりだとフェリーの出港時刻にはギリギリ間に合っても
バイクを積むのはもう無理だったと思う。
本当に頑張ったよ…
ちなみに別のルートを使うともう2時間近く早く到着できてたらしい。
でもそれだと夕張でメロン熊グッズ買えないもんね。まぁ結局買えなかったけど…
お土産自体フェリーの中の売店でしか買えなかったや。


14日から20日におよぶ北海道ツーリングの総走行距離2499km!
あまり天候にも恵まれず、トラブルや失敗続きだったけど、
いい勉強になったし、すごく楽しく充実したツーリングだった。
行けなかった心残りの場所も多いので(特に混浴とか)、いつかまた絶対に行きたい!

最後に、道ですれ違いピースサインを交わしたライダー含め、この旅で出会った全ての人達、
そして北海道という大自然に包まれた雄大な大地に、
そして2500kmもの距離を一緒に走ってくれた愛車、ST250にありがとうと言いたい。

最高の旅をありがとう!
| バイク | - | - |
copyright (C) 宝のもちぐされ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。