宝のもちぐされ</div>
  </a>
 </div> 
<div id=
出不精のくせにデジカメ買ったって!? そりゃどう考えても…
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年 01月 23日 (日) 18:14 | 編集
IMG_0489.jpg
EOS 60D

続いては象のテラス。


IMG_0491.jpg

象と象に乗った象使いの姿が描かれている。


IMG_0493.jpg

象さんがいっぱーーーーい!
約300mあるそうな。


IMG_0494_20110122202401.jpg

三頭の象。


IMG_0495.jpg


IMG_0496_20110122202401.jpgIMG_0500.jpg
IMG_0498.jpgIMG_0501_20110122202506.jpg


しばらく歩くとライ王のテラスに。
写真はライ王象。ライ病にかかった王だからライ王という説がある。


IMG_0502.jpg

テラス内部はとても入り組んでいて迷路のよう。


IMG_0503.jpg

ここを最後にアンコールトムはおしまい。
とっても広くて歩き疲れたけど、いい時間を過ごせた。
やっぱりバイヨンが一番お気に入り。

駐車場で待機していた山田さんと合流し、アンコールトムを後にする。
午後からのアンコールワット見学の前に、その周辺の小さな遺跡群を順に廻る事に。

すぐに近くのトマノンという小さな遺跡に到着。
この時、前日の飛行機の疲れや、暑い日差しの中広大なアンンコールトムを歩き回ったことで
体力的にヘトヘトだったので、適当写真を撮りながら軽~く一周した後、一度宿に戻る事にした。
やっぱり日頃から運動せなあかんな…


IMG_0511.jpgIMG_0513.jpg

IMG_0514.jpg

かわいい^^
飴ちゃんあげたら喜んでた。

子供達とコミュニケーションをとるのに、飴は大活躍だった。
写真も撮りやすくなるし、なにより喜んでもらえる。
遺跡の入り口周辺で、無邪気に現金をせがむ小さな子供達が多くいたけど、そんな時にも便利!
| | - | - |
copyright (C) 宝のもちぐされ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。