宝のもちぐされ</div>
  </a>
 </div> 
<div id=
出不精のくせにデジカメ買ったって!? そりゃどう考えても…
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年 01月 15日 (土) 15:09 | 編集
2011年1月8日から1月12日にかけて、カンボジア遺跡巡りの旅に行って来た。

昨年初めて海外旅行に行った際、航空券、宿の手配、現地でのいろんな交渉など
全て友人に任せっきりだった。
だから次は一人で海外に行ってみよう!ツアーとかじゃなく、
すべて自分が責任を負う個人で行こう!と決めていた。

行き先ははじめタイなんかが手軽そうだし、アユタヤやスコータイといった遺跡もすごく魅力的だと
考えていたけど、どうせ遺跡を見に行くのなら、もっとスケールのでっかいアンコールワットを見たい!
こうして海外初一人旅の行き先は決まった。

・アンコールワットの朝日を見る!
・気球に乗って空からアンコールワットを眺める!
・プノンバゲンからの夕日を眺める!
・天空の城ラピュタのモデルになったともいわれているベンメリアに行く!
・現地のリエル紙幣を集める!
・子供達の写真を撮る!
・アプサラダンスショーを見る!
と、これらがこの旅のおおまかな目的だ。

カメラは買ったばかりのEOS 60Dに、
シグマの17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMの一本。と、GRD2(ほとんど使わなかった)。
今のカンボジアは乾季で雨の心配もないし服装もTシャツでOKだから、
荷物はバックパック一つで余裕だった。

そしてついに当日、8日13時30分の便で関空から出発。
ソウルのインチョン空港での乗り継ぎも不安だったけど、とてもスムーズにすんだ。
そして17時15分にインチョンを出発し、現地時間の21時にシェムリアップ空港に到着した。
(ちなみにカンボジアの時差は日本の2時間遅れ。)
まずは空港内でビザを取得する。日本であらかじめ作っておくよりも現地の方が安い。
機内からすぐビザ発行カウンターに向かったから、比較的早く発行してもらえたけど、
後ろを向くと行列が…。
早めに行ってよかった~。

日本から宿の予約をした際、無料ピックアップをお願いしていたので、
空港の入り口でドライバーの人を捜していると、「リョウヘイ!」と名前を呼ぶ声が。
その人はこの旅でずっとお世話になる事になるアーヘァン(確かそうだった)さんだ。
名前全然覚えられないと言うと、みんなから山田と呼ばれてるから山田と呼んで下さいとのこと。
だからずっと山田さんって呼んでた。
彼は日本語ペラペラなので本当に頼りになったなぁ。


IMG_0194.jpg
EOS 60D

山田さんの運転するトゥクトゥクに揺られ、予約していたチェンラーゲストハウスに到着。
チェンラーは隣にあるタケオゲストハウスと同じく、日本人がよく利用する宿として有名である。
年末はほとんど日本人が泊まっていてパーティなんかもしていたらしいけど、
僕が宿泊した時は、熟年夫婦や中年女性など年配の人としか遭遇しなかったなぁ。

この部屋はエアコン、ホットシャワー付きで一泊15ドル。
ゲストハウスとしては高めだけど、日本で考えたら充分安いからよし!
テレビは日本のNHKも映るので、寝る前に見たのど自慢にはなんだか癒された~。

初日は特にする事もないので、シャワーを浴びて就寝。
翌日は朝5時からアンコールワットの朝日を見に行く。


IMG_0200.jpg

トゥクトゥクに揺られ、暗闇の中アンコールワットに向かう。
星がめちゃくちゃすごかった~。三脚持って行ったらよかった。
途中、入場パス売り場に寄って40ドルの3日間パスを購入。
このパスはアンコールワットはもちろん、その他周辺の遺跡に入る時にも必要になる大事なパスだ。
その場で写真を撮影してもらい、すぐに作ってもらえる。

アンコールワットに到着し、ベストポジションを陣取り他の大勢の観光客とともに朝日を待つ。


IMG_0238.jpg


IMG_0287.jpg

朝日来たー!!!
この時にはもう、池の前のベストポジションから離れてしまっていたのが残念。


IMG_0297.jpg

蓮の花が綺麗


IMG_0300.jpg

この人が山田さん。
自分のトゥクトゥクが盗まれてしまって、今はレンタルしているそうな。
でも、なんでキティちゃん!?
最初はすごく恥ずかしかったけど、遺跡から戻って来て駐車場で自分のトゥクトゥクを探すとき
遠くからでも目立って見つけやすかったかし便利ではあったw

アンコールワットは午前中は逆光になるので、観賞するなら午後からがベター。
ひとまずアンコールワットを後にし、向かうはアンコールトム。
その前に朝食だ!
| | - | - |
copyright (C) 宝のもちぐされ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。