FC2ブログ
宝のもちぐされ</div>
  </a>
 </div> 
<div id=
出不精のくせにデジカメ買ったって!? そりゃどう考えても…
2011年 02月 24日 (木) 22:32 | 編集
IMG_1028.jpg
EOS 60D

引き続きベンメリア。


IMG_1104.jpg

入り口で声をかけたきたガイドのおっさん。
遺跡内を案内してくれるんだけど、とにかくせっかち。もっとゆっくり廻りたかったのに…
でも普通の人ならまず通らない様な危険な場所なんかも案内してくれて楽しかった。
この写真の場所もかなり高い位置で落ちたらただじゃ済まない。

終止ニコニコ案内してくれたけど、最後のチップを渡す際1ドル札が一枚しかなかったから
しょうがなく1ドルだけ渡したら態度が急変。おっさんの顔から笑顔が消えた。
そこまで露骨に態度変えなくてもいいやん!
でもあんなに案内してもらっといて1ドルだけってのも悪いっちゃ悪いけど。申し訳ない事をしたなぁ。


IMG_1110.jpg

遺跡内で遊ぶ子供達。
彼らにとっては絶好のアスレチック。あ~ここでかくれんぼしたらめっちゃ楽しそう!


IMG_1113.jpg


IMG_1127.jpg


IMG_1143.jpg

まだつづく
| | - | - |
2011年 02月 20日 (日) 23:45 | 編集
IMG_0958.jpg
EOS 60D

長い道のりをこえ、ついにベンメリア到着。

ベンメリアは深い森の中に埋もれた遺跡で、今も崩壊が進んでいる。
遺跡周辺ではまだ地雷の撤去作業が行われているほどだ。
崩壊した瓦礫の上や、屋根の上、光の届かない回廊を歩いたりと、探検してるみたい!
遺跡発見当時とほとんど同じ姿のままで、まさに遺跡って感じがした。

天空の城ラピュタのモデルになった場所ともよく言われていて、
ラピュタが大好きな僕がめちゃくちゃ楽しみにしていた遺跡だ。


IMG_0975.jpg


IMG_0980.jpg

こんな感じのものすごく足場の悪い場所を歩きながらの探索。
楽しい~!


IMG_0987.jpg

朽ちた遺跡と、清々しい緑と、そこに差し込むやわらかい陽の光。…美しい。


IMG_1003.jpg

根がすごい!


IMG_1017.jpg


IMG_1019.jpg


IMG_1025.jpg

まさにラピュタって感じ!
ああっ!ラピュタは、本当にあったんだね!シータ!
| | - | - |
2011年 02月 19日 (土) 14:26 | 編集
IMG_0871.jpg
EOS 60D

ベンメリアに向かう長~い道のり。延々とまっすぐな道が続いている。

途中同じユニフォームに身を包んだ欧米人のサイクリストの集団が
気持ち良さそうにロードバイクで走っていた。自転車はわざわざ持って来たのだろうか…?
自分はバイクで走ってみたかったなぁ。

トゥクトゥクで走っている途中、たまに大音量の音楽を鳴らしとても賑やかな場所があった。
これはこっちの結婚式らしく大勢の人がいた。
ドライバーの山田さんは羨ましがってたw
ベンメリアの向かう途中、6カ所ぐらい結婚式の最中だった。一日でこんなに結婚式見るの初めてだw


IMG_0891_20110219135616.jpg

ワァー!!!


IMG_0893.jpg

トラクターと家族


IMG_0924.jpg

母親と少年


IMG_0928.jpg

多くの子供達が手を振ってくれた。
こっちから手を振ると振り返してくれたり、叫びながら走って追っかけて来てくれたり
このちょっとした現地の人達とのふれ合いがすごく楽しかった。

途中大きな観光バスや車にバンバン抜かされたけど、あの人達はもったいないなぁ~なんて思ったり。
| | - | - |
2011年 02月 15日 (火) 01:29 | 編集
IMG_0766.jpg
EOS 60D

カンボジア遺跡巡り二日目!
この日はまず、この旅で一番行きたいと思っていたベンメリア遺跡に行く事に。
郊外にある遺跡なので、シェムリアップからトゥクトゥクで1時間半ほどかかる。かなり遠い…

8時エレガンスキティ号で出発!
車やバイタクで行けばもっと早く着くけど、やっぱり走りながら人々が暮らす町並みや
カンボジアの風景の写真を撮りたかったから、この日も山田さんにトゥクトゥクでとお願いしていた。


IMG_0772.jpg

っとにバイクが多い。
運転も日本じゃ考えられないぐらい荒い。クラクション鳴りまくり。
信号も大きな交差点にはあるけど、ほとんど見なかった。
歩いて道路を横断する時なんかヒヤヒヤもんっだったなぁ。


IMG_0771_20110214212943.jpg

そしてカンボジアの道路はホコリが凄い。
コンタクトの目には結構キツいもんがあった。顔や服も結構汚れるし…


IMG_0781_20110214212943.jpg

引越し!?


IMG_0782_20110214212943.jpg

にぎやかな街を過ぎ、景色は次第にカントリーな雰囲気に。


IMG_0784.jpg

学校かな?


IMG_0787_20110214212943.jpg

少年達が楽しくバレーボールをしていた。


IMG_0792.jpg

道の脇には野良なのか民家で飼われているのかはわからない鶏、犬、牛が本当にたくさんいた。
犬は犬種も様々で、チワワみたいな小型犬なんかも首輪を付けずにそこらへんを歩いてる。
しょっちゅう道路に出てくるので、その度にクラクションを鳴らすんだけど結構ヒヤッとするw
| | - | - |
2011年 02月 07日 (月) 22:56 | 編集
IMG_0729.jpg
EOS 60D

お店で物色していると、絵はがきやマグネットが入ったカゴを持った少女達が
こっちのも買えと催促してくる。
この子らからは、マグネットと小さな仏像やガネーシャの置物を買った。


IMG_0727.jpg

とりあえずTシャツが足らなかったので、旅行中に着る用&土産用で3枚購入。
ついでにスノードームも3つ買った。もちろん値切った♪

最後に写真をパチリ!
なんだかんだで結構買ったし、お互い満足してバイバーイってな感じで別れる最後の最後に
「オニイサン、カバン カッテッテ~」

僕は“もう充分買って満足したよ”という言葉なき笑顔でバーイと挨拶した。
向こうも“そうよね…”という諦めの笑顔でバーイと返してくれた。
最後の一瞬まで物を売る事を諦めない。プロや…


IMG_0732_20110206121807.jpg

アンコールワットを後にし、この日の最後を締めくくるのは
アンコールワットからほど近いプノンバゲン山からのサンセットだ。
緩い山道をしばらく歩くと、このような広場に出る。
その奥にあるのがピラミッド式の遺跡、プノンバゲンだ。
真ん中に見えてるこの階段がまたものすごく急で一苦労…たぶん過去に死人とかでてるんじゃないかな。


IMG_0733.jpgIMG_0734.jpg

階段を登ると大パノラマ!
ここからアンコールワットや空港なんかも見える。

後は腰を下ろし、多くの観光客達といっしょに夕日が沈むのを待つ。


IMG_0739.jpg

少し雲が邪魔かも…。


IMG_0751.jpg

感動とまではいかなかったなぁ…。本当はもっと綺麗なんだろうな。
ちなみに飛行機が夕日をクロスするこの瞬間だけ、ワァ~っと歓声が上がったw


IMG_0755.jpg

サンセットを見終わって山を下る頃にはすっかり暗くなってた。
登山口の入り口にいた、地雷で体を負傷した演奏家達。

こういう演奏家達は、他の遺跡の前でもみかけたけど、
日本人が通るとチュリープを演奏したりと、バリエーション豊富だった


IMG_0760.jpgIMG_0759.jpg

晩ご飯は、山田さんに現地の人達が行く焼き肉・鍋料理の店に連れて行ってもらった。

とりあえずビールで乾杯!「うまいっ!」疲れた体にビールは最高やっ!

こっちの焼き肉はジンギスカン鍋のような鍋で焼く。
モッコリの部分に溶き卵と絡ませた牛肉を焼き、溝の部分で空芯菜、モヤシ等の野菜を
バターと一緒に焼いて食べる。んまかった~^^
山田さんとはお互いの事や、カンボジアのいろんな話を聞かせてもらった。

このあとお願いして、1時間10ドルのマッサージの店に連れて行ってもらった。(エロくないよ)
入り口で女の子を選んでから部屋に連れて行ってもらい、全身をマッサージしてもらう。
こんな本格的なマッサージって初めて!技術も満足!
にしてもやっぱり英語ができないもんで全くコミュニケーションがとれない…
20歳って事だけはなんとかわかったけど。

こうして遺跡巡り最初の一日を終えた。
| | - | - |
2011年 02月 03日 (木) 23:49 | 編集
アンコールワット巡りも大方満足♪
でも山田さんと打ち合う約束をした4時半までまだ1時間程残っていた。

アンコールワット内の緑の芝生の上では、気持ち良さそうに昼寝している観光客がチラホラ。
昼寝もいいなぁ~と思いながらも、アンコールワットから少し出て、
北へ向かって少し歩いてみる事に

すると…

IMG_0682_20110203003350.jpg
EOS 60D

さ、猿や!野生の猿や!


IMG_0660.jpg


IMG_0681.jpg

えっ? ウインクして俺を誘惑してるの?


IMG_0685_20110203003350.jpgIMG_0686.jpg

節子!それエサやない、フタやっ!

この後この小猿が、しゃがんで撮影していた僕に駆け寄り太ももの上に乗って来た。
か、かわいい~ と小猿に手をのばそうとして一瞬戸惑う…猿と接した事ない…。
野良猫と同じ感覚で撫でてもいいものなのか…
もし手を出した瞬間、引っ掻かれたり噛まれたりでもしたら…
それで何か病気にでも感染したら、こんな異国の地で大変な事になる…。

そう思うと急に怖くなって早く太ももから降りてくれ~と願うばかりだった。
可愛い顔でこちらの様子をずっとうかがっていた小猿は、「コイツツマンネ」と
ガッカリした感じで去って行った。


IMG_0694.jpg


IMG_0698.jpg

もう少し進んだ池のほとりにも猿達の姿が。


IMG_0700.jpg

兄弟で魚でも探してるのかな。


IMG_0718.jpgIMG_0720.jpg
IMG_0722.jpgIMG_0724_20110206120855.jpg

猿達との戯れを終え、アンコールワットの入り口へ戻ることに。
まだ30程時間があったので、真正面にアンコールワットを眺められる木陰で
水を飲みながらのんびりと休憩。

そうだ!最後に土産買いにいこう!
| | - | - |
2011年 01月 30日 (日) 23:17 | 編集
IMG_0558.jpg
EOS 60D

アンコールワットに入ってすぐの所にある銅像。
そういえばこの日の早朝に朝日を見に来た際、真っ暗闇の中、
火のついた線香を持って「オニイサン」と声をかけてきた二人組がいた。
線香を渡して、後でお金を要求するタイプの奴だ!と察知し、「ノーマネー」と軽くかわしたけど
それでも線香を渡そうとしてくる。
「そうか、ただで線香くれるタイプの奴なんだ!」
線香を受け取り、銅像の前でお祈りする。
二人組も一緒になって「オトウサン、オカアサン、オジイチャン、オバアチャン…」と
家族の安全祈願をしてくれる。

事が終わってみると、神様の前にお布施を置いていけだってさ…
簡単に騙された!\(^o^)/

チクショウが!と呟きながら1ドル置いといた…


IMG_0559.jpg


IMG_0567.jpg

美しい…この風景が見たかったんだ。


IMG_0575.jpg

土産やの前で遊んでた子供にレンズを向ける。
彼女の右手に注目してほしい。カメラ目線でポーズをとってくれると同時に
売り物の絵はがきを出す準備をしているのだ…
もちろんこの後、買って買って攻撃が始まる…こちらも写真を撮った手前、断る訳にもいかない。
むやみやたらに撮影してはいけないなと学んだ瞬間である。


IMG_0577.jpgIMG_0584.jpg
IMG_0605.jpgIMG_0610.jpg
IMG_0619.jpgIMG_0624.jpg
IMG_0640.jpgIMG_0651.jpg


IMG_0598.jpg

バイヨン寺院にあったようなレリーフが、回廊の壁一面に並ぶ。
他の日本人観光客のガイドさんがレリーフの場面についていろいろ説明してくれていた。
出来る事ならガイドを雇ったほうが、よりアンコールワットを楽しめると思う。


IMG_0632.jpg

この写真の中にハトが隠れているよ!探してみてね!


IMG_0634.jpg


IMG_0762.jpg


60Dでのジオラマ写真。
そういえば気球に乗って空からアンコールワットを撮影しようと思ってたのに、どこにも見当たらない。
後で聞いてみたら、今は整備中か何かでやってないらしい。残念だなぁ。
| | - | - |
2011年 01月 25日 (火) 23:48 | 編集
IMG_0529.jpg
EOS 60D

ヘトヘトのまま宿に着いたのはまだ11時頃。
アンコールワットは14時から見学する事にし、しばらくのんびり宿ですごす事に。
クーラーの効いた涼しく明るい部屋に戻ってシャワーを浴び、スッポンポンのまま13時までお昼ねタイム♪
開・放・的!


IMG_0519_20110124015956.jpgIMG_0517.jpg
IMG_0521.jpgIMG_0523.jpg

部屋の窓からの眺め。
ゲストハウスの前の国道6号線は交通量も多く、夜遅くになってもエンジンやクラクションの音が
部屋まで響く…まぁそんなに気にする程の大きさでもないけど。

泊まってる202号室をでた廊下。明るくて綺麗。

フロント

食堂。朝食が無料で着いてるけど、結局一度も利用しなかったなぁ。


IMG_0528.jpg

この日の昼食は、ここでいただくことにした。
カンボジア式のカレーライスとコーラ。なかなかおいしかった!

隣のタケオゲストハウスの娘さんが韓国人と結婚して、
その韓国人がタケオゲストハウス2を経営している等、山田さんといろいろ世間話をした。


IMG_0546.jpgIMG_0534.jpg
IMG_0545_20110124021405.jpgIMG_0555.jpg

腹ごしらえを済ませ、早朝に訪れたアンコールワットにもう一度向かう。
走るトゥクトゥクから町並みを撮影。

カンボジアはとにかくバイクが多い。二人乗り、三人乗りなんて当たり前。
自転車、大木、生きた豚、なんでも運ぶ。
綺麗に着飾った女子中学生にしか見えない様な子が颯爽と走っていたり、すごくおもしろい光景だった。
| | - | - |
2011年 01月 23日 (日) 18:14 | 編集
IMG_0489.jpg
EOS 60D

続いては象のテラス。


IMG_0491.jpg

象と象に乗った象使いの姿が描かれている。


IMG_0493.jpg

象さんがいっぱーーーーい!
約300mあるそうな。


IMG_0494_20110122202401.jpg

三頭の象。


IMG_0495.jpg


IMG_0496_20110122202401.jpgIMG_0500.jpg
IMG_0498.jpgIMG_0501_20110122202506.jpg


しばらく歩くとライ王のテラスに。
写真はライ王象。ライ病にかかった王だからライ王という説がある。


IMG_0502.jpg

テラス内部はとても入り組んでいて迷路のよう。


IMG_0503.jpg

ここを最後にアンコールトムはおしまい。
とっても広くて歩き疲れたけど、いい時間を過ごせた。
やっぱりバイヨンが一番お気に入り。

駐車場で待機していた山田さんと合流し、アンコールトムを後にする。
午後からのアンコールワット見学の前に、その周辺の小さな遺跡群を順に廻る事に。

すぐに近くのトマノンという小さな遺跡に到着。
この時、前日の飛行機の疲れや、暑い日差しの中広大なアンンコールトムを歩き回ったことで
体力的にヘトヘトだったので、適当写真を撮りながら軽~く一周した後、一度宿に戻る事にした。
やっぱり日頃から運動せなあかんな…


IMG_0511.jpgIMG_0513.jpg

IMG_0514.jpg

かわいい^^
飴ちゃんあげたら喜んでた。

子供達とコミュニケーションをとるのに、飴は大活躍だった。
写真も撮りやすくなるし、なにより喜んでもらえる。
遺跡の入り口周辺で、無邪気に現金をせがむ小さな子供達が多くいたけど、そんな時にも便利!
| | - | - |
2011年 01月 22日 (土) 10:43 | 編集
IMG_0444.jpg
EOS 60D

続いて訪れたのはバプーオン。
「隠し子」という意味を持ち、かってはバイヨン寺院よりも高かったそうな。


IMG_0447.jpg


IMG_0448.jpg



IMG_0442.jpgIMG_0461.jpg
IMG_0457.jpgIMG_0453.jpg

自転車を漕ぐ少年。
カメラを向けたら、ハローって挨拶してくれた。


IMG_0452.jpg


IMG_0486.jpg

とにかくでかい大木。


IMG_0476.jpg

次に訪れたのはピミアナカス。
「天上の宮殿」という意味がある。


IMG_0471.jpgIMG_0482.jpg
| | - | - |
2011年 01月 19日 (水) 00:11 | 編集
IMG_0401.jpg
EOS 60D

バイヨン周辺をぐるっと廻ってみる。
結構な早朝なため、観光客もそんなに多くなく静か。
でも段々暑~くなってきたぞ…


IMG_0389.jpgIMG_0393.jpg
IMG_0396.jpgIMG_0400.jpg
IMG_0395.jpgIMG_0407.jpg

元気に遊ぶ子供達、のんびり寝ている犬、微笑ましい親子、ハローと声をかけてきた僧侶達、アヒル。
とってものどかで気持ちのいい光景だった。


IMG_0405.jpg

声をかけて撮らせてもらうも、レンズは見てくれなかった。
でもかわいいなぁ。監視員の奥さんと子供かな?


IMG_0413.jpg

再びバイヨン内部へ。
壁に施された綺麗なレリーフ。
レリーフは当時の暮らしや戦いの様子等がとても繊細に描かれている。


IMG_0417.jpg


IMG_0419.jpgIMG_0423.jpg
IMG_0427.jpgIMG_0433.jpg


IMG_0426.jpg


IMG_0440.jpg

バイヨン堪能した~。よし、次いってみよう!
| | - | - |
2011年 01月 17日 (月) 22:41 | 編集
IMG_0337.jpg
EOS 60D

爽やかな光を浴びながら、アンコールトムの中心にあるバイヨンに到着。
山田さんとはここで別れる。


IMG_0338.jpg

バイヨン!キターーーー!


IMG_0346.jpg

入り口にいた派手な人達。
面と向かって写真撮ったらお金要求されそうだから、遠くからパチリ!


IMG_0360.jpg

ビックフィイス!
バイヨンといえば、この穏やかな微笑みを浮かべる観世音菩薩のモチーフで有名な寺院。
中央祠堂と尖塔の頂部には、50面を超える微妙に違った表情の四面仏が刻まれ、
バイヨンのどの位置にいても菩薩のあたたかい眼差しを感じる。


IMG_0363.jpg

なんか和むわ~


IMG_0359_20110117215736.jpg

窓から横顔


IMG_0382.jpg


IMG_0387.jpg

いったい遺跡内部から出て、ぐるっとバイヨンを回ってみることに。
| | - | - |
2011年 01月 16日 (日) 23:36 | 編集
アンコールワットから出て、山田さんと合流する短い間にたくさんの売り子達が商品を売りつけてきたり
バイタクやトゥクトゥクのドライバーが声をかけてきた。
ここで一人の少年から絵はがきセットを購入。
日本語で「イチマーイ、ニマーイ…」と絵はがきを一枚、一枚数えながらアピールしてくる。
この時、この旅で絵はがきセットを6個も買う事になるとは思いもしなかった。
イラナイヨ…コンナニ…。


IMG_0308_20110116105923.jpg
EOS 60D

カンボジアでの初の食事、チキンサンドとマンゴーシェイク。
結構なボリュームでおいしかった。


IMG_0307.jpg

お店のお姉さんとおばさん。
今回はできるだけ人を撮りたいと思って、「ピクチャー、オッケー?」といろんな人に聞いて
写真を撮らせてもらった♪


IMG_0310_20110116105923.jpg


IMG_0318.jpg

朝食を済ませ、エレガンスキティ号に乗りアンコールトムを目指す。
カンボジアの道はすごく砂埃が舞ってて、コンタクトレンズしている目が痛かった。


IMG_0324.jpg

ここはアンコールトムの入り口の南大門とよばれるところ。
アンコール(都市)、トム(大きい)というように周囲約12kmの城壁に囲まれたとても大きい城砦都市遺跡。
この城壁内に、王宮や寺院等の遺跡が広がっている。


IMG_0329.jpg


IMG_0331.jpg

でっけー顔!!!
こうして徒歩で門をくぐり、先に待機していたエレガンスキティ号にまた乗り込む。
目指すはバイヨン。
| | - | - |
2011年 01月 15日 (土) 15:09 | 編集
2011年1月8日から1月12日にかけて、カンボジア遺跡巡りの旅に行って来た。

昨年初めて海外旅行に行った際、航空券、宿の手配、現地でのいろんな交渉など
全て友人に任せっきりだった。
だから次は一人で海外に行ってみよう!ツアーとかじゃなく、
すべて自分が責任を負う個人で行こう!と決めていた。

行き先ははじめタイなんかが手軽そうだし、アユタヤやスコータイといった遺跡もすごく魅力的だと
考えていたけど、どうせ遺跡を見に行くのなら、もっとスケールのでっかいアンコールワットを見たい!
こうして海外初一人旅の行き先は決まった。

・アンコールワットの朝日を見る!
・気球に乗って空からアンコールワットを眺める!
・プノンバゲンからの夕日を眺める!
・天空の城ラピュタのモデルになったともいわれているベンメリアに行く!
・現地のリエル紙幣を集める!
・子供達の写真を撮る!
・アプサラダンスショーを見る!
と、これらがこの旅のおおまかな目的だ。

カメラは買ったばかりのEOS 60Dに、
シグマの17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMの一本。と、GRD2(ほとんど使わなかった)。
今のカンボジアは乾季で雨の心配もないし服装もTシャツでOKだから、
荷物はバックパック一つで余裕だった。

そしてついに当日、8日13時30分の便で関空から出発。
ソウルのインチョン空港での乗り継ぎも不安だったけど、とてもスムーズにすんだ。
そして17時15分にインチョンを出発し、現地時間の21時にシェムリアップ空港に到着した。
(ちなみにカンボジアの時差は日本の2時間遅れ。)
まずは空港内でビザを取得する。日本であらかじめ作っておくよりも現地の方が安い。
機内からすぐビザ発行カウンターに向かったから、比較的早く発行してもらえたけど、
後ろを向くと行列が…。
早めに行ってよかった~。

日本から宿の予約をした際、無料ピックアップをお願いしていたので、
空港の入り口でドライバーの人を捜していると、「リョウヘイ!」と名前を呼ぶ声が。
その人はこの旅でずっとお世話になる事になるアーヘァン(確かそうだった)さんだ。
名前全然覚えられないと言うと、みんなから山田と呼ばれてるから山田と呼んで下さいとのこと。
だからずっと山田さんって呼んでた。
彼は日本語ペラペラなので本当に頼りになったなぁ。


IMG_0194.jpg
EOS 60D

山田さんの運転するトゥクトゥクに揺られ、予約していたチェンラーゲストハウスに到着。
チェンラーは隣にあるタケオゲストハウスと同じく、日本人がよく利用する宿として有名である。
年末はほとんど日本人が泊まっていてパーティなんかもしていたらしいけど、
僕が宿泊した時は、熟年夫婦や中年女性など年配の人としか遭遇しなかったなぁ。

この部屋はエアコン、ホットシャワー付きで一泊15ドル。
ゲストハウスとしては高めだけど、日本で考えたら充分安いからよし!
テレビは日本のNHKも映るので、寝る前に見たのど自慢にはなんだか癒された~。

初日は特にする事もないので、シャワーを浴びて就寝。
翌日は朝5時からアンコールワットの朝日を見に行く。


IMG_0200.jpg

トゥクトゥクに揺られ、暗闇の中アンコールワットに向かう。
星がめちゃくちゃすごかった~。三脚持って行ったらよかった。
途中、入場パス売り場に寄って40ドルの3日間パスを購入。
このパスはアンコールワットはもちろん、その他周辺の遺跡に入る時にも必要になる大事なパスだ。
その場で写真を撮影してもらい、すぐに作ってもらえる。

アンコールワットに到着し、ベストポジションを陣取り他の大勢の観光客とともに朝日を待つ。


IMG_0238.jpg


IMG_0287.jpg

朝日来たー!!!
この時にはもう、池の前のベストポジションから離れてしまっていたのが残念。


IMG_0297.jpg

蓮の花が綺麗


IMG_0300.jpg

この人が山田さん。
自分のトゥクトゥクが盗まれてしまって、今はレンタルしているそうな。
でも、なんでキティちゃん!?
最初はすごく恥ずかしかったけど、遺跡から戻って来て駐車場で自分のトゥクトゥクを探すとき
遠くからでも目立って見つけやすかったかし便利ではあったw

アンコールワットは午前中は逆光になるので、観賞するなら午後からがベター。
ひとまずアンコールワットを後にし、向かうはアンコールトム。
その前に朝食だ!
| | - | - |
2010年 04月 25日 (日) 22:38 | 編集
R0010212.jpg
GRD2&EOS Kiss X2

最近めっきり写真撮ってないんで、過去の写真で無理矢理更新だい!


IMG_6067.jpg



R0010265.jpg



R0010286.jpg



R0010229.jpg



IMG_6109.jpg



IMG_6121.jpg



IMG_6257.jpg



IMG_6283.jpg



IMG_6338.jpg
| | - | - |
2010年 01月 13日 (水) 01:49 | 編集
R0010293.jpg
GRD2

中国雑技の開演前。
球状の檻の中で、バイク5台がグルングルン走るショーが特にすごかった!


R0010294.jpg

北京での最後のディナーはしゃぶしゃぶ。
ダシの独特な味と、付けタレに入ってたパクチーで胸焼け気味…

この旅で食に関してはあまり良い思いをしなかったけど、これもまた思い出さ!


R0010309_20100111141647.jpg

そして次の日。お世話になった宿ともお別れ。


R0010310.jpg

北京空港。今日3日だぜ…ほんといつツリーしまうの?


R0010353.jpg

この日は大雪でした。さて飛行機は時間どうりに飛ぶのか…


R0010335.jpg

雪は激しさを増すばかり…離陸時間はとうに過ぎてる。飛行機飛ばないかも…


R0010332.jpg

座って待とう…



R0010345.jpg

まだ…

R0010346.jpg

まだ…

R0010343.jpg

まだ…

R0010347_20100111141746.jpg

時は来た!


R0010376.jpg

飛行機に乗り込んだのはいいものの、離陸したのはその数時間後だったのですが…。
まぁなにはともあれ、無事帰国。(ツレの一人は飛行機が飛ばず翌日帰国するはめに…)

初めての海外旅行は、見るもの感じるもの全てが新鮮で、とても楽しかった!
もっといろんな物をみたい!いろんな文化に触れてみたい!

よし!今年の抱負は簡単な英語の習得だ! あと節約! あとウクレレとか!
| | - | - |
2010年 01月 12日 (火) 19:08 | 編集
IMG_6365.jpg
EOS Kiss X2

アンティークのメッカとよばれる、潘家園旧貨市場へ。
とにかくものすごい規模で、いろんな品が並んでいました。
もう終了間近に行ってしまったんですが、もう少し時間をかけて
じっくりと探索したかったですね。


IMG_6329.jpg

たまらん。お宝の山だ!


IMG_6335.jpg

この人形ほしい…


IMG_6352.jpg


IMG_6350.jpg

怖い


IMG_6330.jpg


IMG_6343.jpg

サンタを探せ!


IMG_6346.jpg

栓抜きを値切って安くしてくれたお姉さん。


IMG_6355.jpg

龍の置物を値切って安くしてくれたおばさん。

購入した後、「Picture OK?」と声をかけ撮影し、
液晶でその写真をいっしょに見ていっしょに笑う。

ほとんど言葉が通じないけど、写真を通して通じ合う…それってなんか…素敵やん!
| | - | - |
2010年 01月 11日 (月) 23:22 | 編集
IMG_6288.jpg
EOS Kiss X2

猫に癒された後向かったのが景山公園。


IMG_6300.jpg


IMG_6302.jpg


IMG_6316.jpg


IMG_6307.jpg

この場所からは、先ほどまで徘徊していた故宮博物院を一望する事が出来ます。
改めてその広さを実感。


IMG_6308.jpg

夕暮れ時はとても綺麗なんだそうです。


IMG_6311.jpg

もう少しよって撮ればよかったかな~


IMG_6324.jpg

北京旅行記も残り僅か!
| | - | - |
2010年 01月 10日 (日) 23:30 | 編集
IMG_6262.jpg
EOS KISS X2

極寒の中、陽気なおっさんの三輪車に乗って飯屋探し。


R0010276.jpg

中国っぽくない、観光客向けのカフェレストランで昼食。
そこでは猫が飼われていました。

IMG_6284.jpg

この場所から窓の外を眺めるのが好きなようです。

IMG_6281.jpg

僕のニットを気に入ったようで、このこを抱いたまま飯を食べました。
この甘えん坊めっ!

IMG_6282.jpg

ふぃ~癒された!猫ほしい!
| | - | - |
2010年 01月 09日 (土) 20:13 | 編集
IMG_6251.jpg
EOS Kiss X2

IMG_6229.jpg


IMG_6227.jpg


IMG_6222.jpg


IMG_6238.jpg


IMG_6232.jpg


IMG_6237.jpg


IMG_6249.jpg


IMG_6244.jpg


IMG_6246.jpg


IMG_6256.jpg

見応えたっぷりの故宮博物院でした。
満喫した僕らは、昼食をとりに行く事にしました。
| | - | - |
2010年 01月 09日 (土) 00:20 | 編集
IMG_6167_20100109000516.jpg
EOS Kiss X2

引き続き故宮博物院、別名 紫禁城を歩きます。
とにかく広大で、圧倒的な存在感です。さすが皇城。

IMG_6178.jpg


IMG_6189.jpg

装飾が豪華~


IMG_6193.jpg


IMG_6198.jpg


IMG_6201.jpg


IMG_6206.jpg

お掃除ご苦労様です。


IMG_6216.jpg

まだまだ続く。
| | - | - |
2010年 01月 08日 (金) 02:07 | 編集
R0010259.jpg
GRD2

万里の長城を後にし、晩飯を食べに。
自分好みのダシを選んで食べるスタイルのしゃぶしゃぶです。
カレー味のダシで食べたけど…こりゃまた独特な味で失敗。きつい…


R0010264.jpg

そして三日目。この日の北京は薄らと雪化粧。
吉野家で朝食を済ませ、故宮博物院を目指します。


IMG_6141.jpg
EOS Kiss X2


IMG_6142_20100108013730.jpg


IMG_6144.jpg


IMG_6150.jpg


IMG_6151.jpg

パンダマン


IMG_6147.jpg




IMG_6154.jpg


IMG_6165.jpg

到着!どんどん進んで行きましょう。
| | - | - |
2010年 01月 07日 (木) 07:42 | 編集
R0010228.jpg
GRD2&EOS Kiss X2

天安門広場を後にし、万里の長城を目指します。


R0010230.jpg

ホームがめっちゃ長い!


R0010248.jpg

一時間程、電車の旅です。


R0010252.jpg

流れ行く中国の田舎の町並みを、車窓から眺める。


IMG_6083.jpg


IMG_6094.jpg


R0010249.jpg

おっ!見えた見えた! 万里の長城です。


IMG_6114.jpg


IMG_6123.jpg


IMG_6125.jpg

長い時間かけてやっと辿り着いたものの、ロープウェーがもうない、
そして帰りの電車がラスト一本で時間もないってことで……

すぐ帰りました。…泣
| | - | - |
2010年 01月 06日 (水) 21:41 | 編集
R0010223.jpg
GRD2

2010年の始まり!
今田と東野と大橋アナの着物姿を見てないから年が明けたって気がしないや…


R0010225_20100105225819.jpg

朝食のアワビっぽい変な貝が入ってたご飯も失敗だった…
雑煮食べたい…


IMG_6048.jpg
EOS Kiss X2

まずは天安門広場へ向かいました。写真は正陽門です。


IMG_6055.jpg


IMG_6056_20100105225818.jpg


IMG_6062.jpg

赤い国旗と赤い服

IMG_6064.jpg


IMG_6065_20100105225913.jpg


IMG_6070.jpg

毛沢東の肖像画だ!
| | - | - |
2010年 01月 05日 (火) 00:38 | 編集
R0010206.jpg
GRD2

大阪人の僕もビックリするぐらい、信号無視する人が多かったです。
道路のそこら中でクラクションが鳴ってました。
痰を吐く人も多かったし、電車の乗り込みマナーもなっていませんでした。
もちろんそうじゃない人も多いんですが、第一印象は正直「やっぱりな」って感じでした。
でもこのちょっとした文化の違いを肌で感じるのが楽しい♪

R0010207.jpg


R0010208.jpg

ものすごくレトロだったり、おもしろい形をしていたり、モーター付きだったり、
いろんな乗り物を見る事が出来ました。バスもやたら長かったっけ。
あ~おもしろい。

R0010209.jpg


R0010213_20100105001209.jpg


R0010217.jpg


R0010219.jpg


R0010222.jpg
北京駅ゴージャスだったなぁ。

こうしてぶらっと街を探索し、宿に戻りました。
そしてその宿で新年を迎えました。カウントダウンイベントとかなかったのかな~。

そして二日目へ続く。
| | - | - |
2010年 01月 04日 (月) 21:29 | 編集
R0010189.jpg
GRD2&EOS kiss X2

記念すべき北京一発目の写真


R0010190_20100104000754.jpg

空港のトイレ


R0010191.jpg

空港から宿へ向かい、晩飯を食べに街へ。
ベルトコンベアで、鍋の具材が廻ってる…おもしろい!日本にもこんな店があるのかな?


R0010193.jpg

2009年最後の食事。辛すぎてほとんど食べれず…失敗したな~
水餃子も失敗だったな~


IMG_6042.jpg

北京の街はイルミネーションだらけでとても綺麗です。


IMG_6045.jpg


R0010198_20100104000828.jpg


R0010194_20100104000828.jpg


R0010202.jpg


R0010199.jpg


R0010203.jpg

それより2009年ももうすぐ終わるというのに、街はクリスマス一色。
空港や宿もサンタやツリーの装飾だらけ…どうなってんの?しまい忘れてんの?
| | - | - |
2010年 01月 03日 (日) 23:12 | 編集
新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

R0010186.jpg
GRD2

1月31日~1月3日で、極寒の北京に行ってきました!
その思い出写真をのんびり綴って行きたいと思います。


R0010183_20100103230319.jpg


R0010184.jpg


R0010182.jpg

初めて乗る飛行機に緊張しながら、いざ北京へ!
| | - | - |
2009年 08月 28日 (金) 22:39 | 編集
IMG_2386.jpg
EOS Kiss X2

廃バスいい感じ~


IMG_2392.jpg



IMG_2388.jpg



R0011615.jpg
GRD2



R0011612.jpg



R0011588.jpg



R0011593.jpg



R0011595_20090828220545.jpg



R0011609.jpg



R0011607.jpg



R0011604.jpg



R0011600.jpg



R0011599.jpg



R0011622_20090828220743.jpg



R0014877.jpg
GX100

今更感の漂う花火で締めくくります。

ちなみに滞在最後の日、自転車で島一周しようと走っている最中
突然の豪雨にあいGRD2がお亡くなりになりました…。
保証効かないだろうし…

高い修理代払って修理するか、もう1回GRD2を買うか、
最新のGRD3を買うか(無理!)

CX2買おうかな。加工しなくてもミニチュア写真が撮れるのはすごくそそられます。
ズーム28mm~300mmってのも便利そうですね。
| | - | - |
2009年 08月 25日 (火) 01:52 | 編集
R0011534.jpg
GRD2+ディカパック

初めての水中撮影。
波が高くていいポイントに行けなかったのと砂が舞い上がっていまいちでした。
ディカパックでの水中撮影はコツがいりますが、なかなか使えます。

R0011514.jpg



R0011557.jpg



R0011440.jpg



R0011445.jpg



R0011448_20090825014241.jpg



R0011433.jpg



R0011573.jpg



R0014853.jpg



R0014861.jpg
GX100

続く
| | - | - |
2009年 08月 24日 (月) 01:03 | 編集
IMG_2237_20090823023442.jpg
EOS Kiss X2



IMG_2244_20090823023441.jpg



IMG_2249_20090823023441.jpg



IMG_2260.jpg



IMG_2263.jpg



IMG_2282.jpg



IMG_2342_2.jpg



IMG_2356.jpg



IMG_2379.jpg



IMG_2348.jpg



IMG_2353_2.jpg



IMG_2412.jpg



IMG_2421.jpg

続く
| | - | - |
copyright (C) 宝のもちぐされ all rights reserved.
designed by polepole...